便秘解消にはやっぱり水分!

私が高校生の頃は、今でいうところの「情報弱者」だったということもあって、間違った便秘解消方法をよく試していましたね。

今のように携帯電話のインターネットを利用して、いつでもどこでも「ピピッ」と調べられるわけではなく、便秘解消方法などの情報に関しても、人伝てか雑誌からの情報収集しか手段がないのですから、仕方のないことだと言えるかも知れません。

ですから、私が高校生のときに発売された便秘解消に効果のある栄養ドリンクを毎日飲んだりもしていましたね。食物繊維が豊富に含まれていて、便秘解消に効果があると、やたらとテレビコマーシャルで宣伝していましたし。

当時はインターネットは一般的ではありませんから、テレビからの情報は絶大です。ですから、少ないお小遣いから決して安いとは言えない栄養ドリンクを毎日購入して飲んでいましたね。「栄養ドリンク飲んでる私、ちょっとカッコイイ!」なんて思ってしまうような年頃だったからだとも言えますが。

しかし、その栄養ドリンクをやめてもさほど変化はありませんでした。味も好きではなかったことから、結構あっさりとやめられました。そしてその代わりに大量の水分を毎朝摂取するようになりました。

しかしそうは言っても、冷たいお水ではありません。毎朝飲むのは「白湯」なのです。「白湯」とは、一度沸騰させて冷ましたお水のことを言います。

そして私は、白湯を常温にて保管していました。白湯は毎朝、起きてすぐに飲んでいました。白湯を飲む量に関してですが、だいたい500~800ccといったところです。

結構な量なのですが、しかし「これが便秘解消の薬だ…」と思って言い聞かせていました。それに、一気に飲まなくても、朝に多めかつ、少し温かい水分をとることで、腸が活発に動きますので、便通も朝に出やすくなるのです。

実際に0歳から便秘がちだった私が、この「水を大量に飲む便秘解消方法」でずいぶんと体質改善されましたから、やっぱり便秘解消には多量の水分が効果覿面なのでしょう。

実はこの方法は、高校の保健の先生に聞いたのですが、なんでも先生も小さい頃から便秘がちだったそうですが、しかし「大量に水を飲んでいたら、痩せたし便秘が治った」とのことで。私も早速マネをしてみたのです。そして効いたのです。