腸を動かす事でお通じがよくなる日常での方法

便秘解消の第一歩は毎日同じ時間にトイレに行く事を心懸けています。もう少し便意があったら行こうかな?と考えてしまうと出にくくなりますし、それを繰り返してしまう事で便秘が慢性化していまいます。出なくても良いので同じ時間に行くように意識付けをします。

毎朝の朝食を作り時間にコップ1杯の牛乳を飲も事もお勧めです。お水でも良いのかもしれませんが、乳製品の方が腸にも優しく刺激があると考えるからです。これまで牛乳を飲む事でお通じサインが来た事が何度もあるので効果は高いですよ。

そして便秘解消には腸を動かす事が重要だと思いますので、時間がある時に軽く何度もジャンプを繰り返します。これは人に見られると恥ずかしいのですが、腸のぜん動運動を促すためでもありジャンプをする事で腸全体を動かせるので実施しています。手で触れないため身体をひねったり、寝た状態で足を抱えたり上にあげたりします。お腹周りを動かすようにして腸への刺激を意識した運動を自分なりに開発しています。これらの運動も私の便秘には通用していると実感していますよ。

本来なら食べる事で腸が動きますが、便秘になっていると動きが鈍いため外部からのサポートは必要だと思います。食事の摂り方も大切ですが、毎日同じリズムで生活する事がストレスを生みませんので大切だと思います。

腸の動きが悪いようでしたらお腹のマッサージも行うと効果的です。大腸の流れに沿って押し出すように手の平で少しずつお腹を押して行きます。強い力では気持ち悪くなりますが、軽く押すと腸への刺激になります。押している間にポコポコとガスが動く音がしたらトイレに行きましょう。座った状態でまたお腹を押してあげると便意がありました。腸を動かす事に意識をするだけでも効果はありますね。