ペットは大切な家族の一員です

我が家にトイプードルの女の子がやってきたのは、もう4年も前のことです。 当時、私は犬が怖くて、ペットを飼うことをずっと反対してきました。 しかし、主人はどうしても犬が飼いたいという夢を捨てきれず、 私をペットショップへ連れていくようになりました。最初は、頭から拒絶していましたが、愛くるしい仔犬の姿を見ているうちに、気持ちが揺れました。

そんなある日、ついに可愛い仔犬に心を奪われてしまったのです。この子が家に来てからは、生活が一変しました。全てが仔犬中心の生活になりますが、それがとても嬉しいのです。 毎日が楽しくて会社にいても早く帰りたくて仕方ありません。あんなに怖がっていたことが嘘のように、私にはワンコと一緒にいられる時間が、一番楽しくて幸せのでした。

1歳を過ぎたころには躾けも完璧になり、どこに連れて行っても大丈夫な子になりました。そして念願のドッグカフェデビューです。家では元気いっぱいでヤンチャな子ですが、外に連れていくと急にお澄ましさんに変わります。よその家のワンコが、店内で吠えていても、全く動じず私の横で大人しく座っています。家の中と外との区別が、キチンと出来ていると確信しました。

その後、会社の大型連休には、伊豆や軽井沢のペットと宿泊できるペンションに旅行に行きました。 いつも一緒にいられることは、ワンコだけでなく私たちにも大きな喜びです。 これからも大切な家族の一員として、一緒に過ごせる時間を大切にしたいと思っています。